飛行機

ニュース所感

ノウハウって実は名もないノウハウの方が圧倒的多数

ノウハウって実は名もないノウハウの方が圧倒的多数

三菱スペースジェット(MRJ)の納入延期が発表されました。 これで6回目の延期になります。
『「我々の開発ノウハウは、ノウハウではなかった」同社社員のこの一言に延期の背景が凝縮されている。』
と報道されています。

飛行機の開発に限らず、なにかに挑戦しようとしたときに、成功するための効率的な方法を検索したりしますよね。例えば、英会話を始めたい人は「英会話 学び方」や「英会話 学習方法」、FXを始めたいと考えている人は「FX 儲け方」「FX 初心者」などになるかと思います。

こうしたケースの殆どで「○○のノウハウ」って感じのタイトルがヒットします。例えば、「英会話の上達ノウハウ」「FXで勝つためのノウハウ」なんて感じで、先人たちがいろいろなノウハウを公開してくれています。全てではないのですが、こうした情報のなかには有益なものが存在したりもします。

何であってもその分野に精通すれば分かることなのですが、ノウハウとして表現できない、マニュアル化できない、文章や言葉にできない部分の方が圧倒的に多いです。すなわち「名もなきノウハウ」たちの存在です。

私は、何事においても、この「名もなきノウハウ」たちの存在を知ることが極めて重要だと考えています。

要するに、どんなに詳細な分厚いマニュアルがあったとしても、それを成功させるためには実際の経験者だけが知りうる「名もなき成功ノウハウ」がその何倍も存在するのです。
例えば、プログラムを勉強し、それなりに経験値を積むと、プログラムを見た瞬間に「このコード群は美しい」と感じることがあります。そう感じたプログラムは、確かに効率的にコーディングされていて、動くのも速いです。恐らく、みなさんも何かに精通していて、同じように感じることはあると思います。

また、何の分野であっても初学者をターゲットにした「簡単に●●できるノウハウ」「絶対に●●で儲かるノウハウ」ってノウハウが売られていたりします。こうしたノウハウの存在を完全否定するつもりはないのですが、もし存在するとしても精通した者だけが習得できる「名もなきノウハウ」たちの中にあるのだろうと思います。

三菱スペースジェットの開発者たちも、FAAから型式証明なのどのノウハウは期間を通じて学んでいます。それでも、ここまで遅れてしまうのは、経験が浅いため「名もなきノウハウ」たちを習得していないのが原因です。

膨大な開発費を投じたビジネスなので、のん気なことは言ってられませんが、開発者たちが米国からノウハウを学んだところで「名もなきノウハウ」を知らないのは事実です。ビジネス上の、こうしたビハインドをどのように補うのかは、経営者や役員が知恵を出して臨むべきことです。

「名もなきノウハウ」これを習得している者だけが、勝ったり、儲けたり、稼いだり、できるのだと考えています。
やはり、勝者に近道はなく、早く始めてそれなりの失敗をし経験を積むのが、成功させるためには重要なファクターなのだと思います。

1月25日の通貨パワーシフト

今日は、土曜日なので市場はお休みです!

  • この記事を書いた人
アバター

たかまさ

車好きなら誰もがご存知の車雑誌や某経済系新聞の取材コラムを担当
「やばい認識」「車選びのコツ」「賢いお金の使い方」「SEO」「ネット集客」などのウンチクを語るのが得意。
筋が通らいない物事に出くわすと黙って素通りできない性分
保有資格:Google アナリティクス個人認定資格・モバイルサイト認定資格・YouTube認定資格/FP技能士/WEBライティング実務士

-ニュース所感
-,

© 2021 成功者の所作!たかまさブログ